THERMAL CRISIS

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

スマートウォッチ『iWOWNfit i6 pro』購入

f:id:yuatari:20171015050834j:plain

そういえば水商売の影響からか、腕時計を付ける習慣がありませんでした。

 

で、もう水商売もしていないことだし、腕時計を買ったんです。普通の時計。でも見ないんですよ。今もう家のデスクにおいてますからね。置いてるのにデスクトップの右上にある時計の文字見てますからね。意味ないです。

 

時計なんてiPhoneあるし、十分じゃね?

 

 

そんなことを考えていましたが、まわりでなぜか流行りだすスマートウォッチブーム(遅い)。ミーハーだし、Tポイントの固定ポイントが3000、通常Tポイントが2000強あったので、Tポイントで買えるものはないかなぁ〜とYahoo!ショッピングを見ていましたところ、発見しました。値段相応のスマートウォッチ。

 

続きを読む

デパコス巡りしてみました

f:id:yuatari:20171013004951p:plain

友人M氏と一緒に「デパコス巡りしよう」という話になったので、今回は1ランク上の化粧品を見て気に入ったものを購入してきました。

 

資生堂信者、というわけではないのですが、資生堂のdプログラムのラインで化粧していたので、ちょっと怖いながらもベースを変えてみました。

 

続きを読む

映画:星を追う子ども

f:id:yuatari:20170927012330j:plain

あらすじ

父親の形見の鉱石ラジオから流れる不思議な音楽に耳を傾けながら、思いをはせるアスナ。孤独な毎日を送るアスナは、ある少年と再会するための旅に出ることにする。それはアスナにとって、世界の冷酷さと美しさ、そして別れを知るための冒険の旅となる。

参照元:星を追う子ども - 作品 - Yahoo!映画

続きを読む

初期のムックにかける思い

f:id:yuatari:20170918002531j:image

 

ムック

1997年の結成当初は「密室ノイローゼ」に所属しており、所謂「密室系」と呼ばれるジャンルに属していた。2002年にはデンジャークルー・レコード内に立ち上げた自主レーベル「朱」に移籍。 2003年にユニバーサルミュージックに移籍しメジャーデビュー。 音楽性としては、昭和の歌謡曲メロディに、メタルの重厚さと激しさを取り入れ、社会風刺や負の感情をテーマとした赤裸々で陰鬱な歌詞を載せたものが多かったが、アルバム『鵬翼』からはポップな曲やバラードも増え、シングル「ファズ」以降はエレクトロニカを取り入れるなど、非常に多彩な音楽性を展開している。 近年はアルバムごとに民族音楽やダンスミュージックなど、音楽性の主軸を変化させることが多い。 作詞は基本的に逹瑯、ミヤの二人が担当しているが、シングル「ホリゾント」のc/w「心色(ココイロ)」でYUKKEが、アルバム『極彩』収録の「キンセンカ」ではSATOちが初の作詞を担当した。作曲はミヤを中心にメンバー全員が行っており、メンバー内での共作も見られる。また2010年にリリースされたアルバム「カルマ」より、逹瑯による作曲が多くなっている。 楽曲のプロデュースは、岡野ハジメやL'Arc〜en〜Cielのken等、外部からプロデューサーを迎えていたが、近年はセルフプロデュースの割合が増えている。 様々なジャンルのアーティストとの共演や海外アーティストの来日公演のオープニング・アクトを務めており、中でもGuns N' Rosesは2007年に続き2009年にも務めた。 2005年以降は世界のメタル系フェスティバルへの出演、単独ツアーなども行っている。2010年のROCKS TOKYOへの出演をきっかけに国内のロックフェスティバルへの出演も増えている。また、インディーズ時代から対バン形式のイベント「えん」を2010年9月現在までに6度主催している。 2010年9月現在、世界各国ではヨーロッパ(イギリス・スイス・スウェーデン・スペイン・デンマーク・ドイツ・フィンランド・フランス)・アメリカ・中国・ロシア・南米(チリ・メキシコ)の計13か国で単独公演を行っている。 6月9日は「ムックの日」とされており、ほぼ毎年何らかのイベントを行っている。 ファンのことは夢烏(ムッカー)と呼ばれる。

ムック (バンド) - Wikipedia

 

 

続きを読む