THERMAL CRISIS

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

映画:紙の月

f:id:yuatari:20170116231012j:plain

あらすじ

銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。監督は、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。年下の恋人との快楽におぼれ転落していくヒロインの心の闇を、宮沢りえが体現する。

紙の月 - 作品 - Yahoo!映画

続きを読む

映画:パッセンジャー

f:id:yuatari:20171225003738j:plain

あらすじ

近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定より90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況を打破しようとする二人は、次第に思いを寄せ合うものの、予期せぬ困難が立ちはだかり……。

パッセンジャー - 作品 - Yahoo!映画

続きを読む

久しぶりにEDENを読んだ件

f:id:yuatari:20171112231146j:plain

クロージャー・ウイルスの大流行によって人類が危機に直面した世界。少年エノアと少女ハナはウイルスによる病魔に冒された末期状態の科学者と共に、3人で暮らしていた。世界はもう、自分たちだけだと思っていた。 ある日、エノア達の住む地へ数機の軍用ヘリが降り立つ。原父(プロパテール)を名乗る彼らはエノア達と暮らす科学者を連れ去ろうとするが、エノアはロボットのケルビムにて応戦し、その圧倒的破壊力で勝利する。 彼らの襲撃により“世界はまだ終わっていない”ことを知ったエノア達は、科学者の死後、2人で生きていくことを選択する。 20年後、原父は国連に代わって世界中の国家を統治するようになり、原父連邦と呼ばれる巨大政権を構築。しかし経済格差や民族間の差別、そのことが原因による犯罪や殺し合いといった問題は未だ解決出来ずにいた。エノアは南米の麻薬カルテルのボスとなり一時は原父に協力するが、原父連邦の陰謀を知ってからは、敵対する立場となり、ハナと彼らの娘であるマナは、原父連邦に人質にされる。 エノアとハナの息子、エリヤは南米にいた。ケルビムと2人で旅を続けるエリヤだったが、ひょんなことから子供の死体を見つけ、その肋骨に縛り付けられていたデータディスクを手にする。 死体を埋葬したエリヤは、翌朝、死体の秘密を知る傭兵組織・ノマドに襲われ、ディスクのありかを問いただされる。しかし、原父連邦と対立する彼らは、この先の原父連邦による占領地帯を共に切り抜けるため、同じく原父連邦と対立する父を持つエリヤと協力することとなる。 原父連邦軍の投入するアイオーンと呼ばれる半不死身の兵や最新鋭の兵器に対し、死闘を繰り広げ、何とか原父連邦の勢力外へ脱出することができたエリヤは、南米最大のマフィアのボスとなった父エノアの右腕であるトニーや左腕であるニッコーと再会し、物語は次第に語られなかった20年間を明らかにしていく。 原父連邦とは何か、クロージャー・ウイルスの秘密とは、エリヤの拾ったディスクの中身とは、そして父エノアと原父連邦の関係とは?母ハナと妹マナを原父連邦から取り戻すため、エリヤの戦いが始まった。

EDEN 〜It's an Endless World!〜 - Wikipedia

続きを読む

スマートウォッチ『iWOWNfit i6 pro』購入

f:id:yuatari:20171015050834j:plain

そういえば水商売の影響からか、腕時計を付ける習慣がありませんでした。

 

で、もう水商売もしていないことだし、腕時計を買ったんです。普通の時計。でも見ないんですよ。今もう家のデスクにおいてますからね。置いてるのにデスクトップの右上にある時計の文字見てますからね。意味ないです。

 

時計なんてiPhoneあるし、十分じゃね?

 

 

そんなことを考えていましたが、まわりでなぜか流行りだすスマートウォッチブーム(遅い)。ミーハーだし、Tポイントの固定ポイントが3000、通常Tポイントが2000強あったので、Tポイントで買えるものはないかなぁ〜とYahoo!ショッピングを見ていましたところ、発見しました。値段相応のスマートウォッチ。

 

続きを読む

デパコス巡りしてみました

f:id:yuatari:20171013004951p:plain

友人M氏と一緒に「デパコス巡りしよう」という話になったので、今回は1ランク上の化粧品を見て気に入ったものを購入してきました。

 

資生堂信者、というわけではないのですが、資生堂のdプログラムのラインで化粧していたので、ちょっと怖いながらもベースを変えてみました。

 

続きを読む