デパス時々メンソール

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

なぜデパスを飲むようになったか2

 f:id:yuatari:20161030022704j:plain

用法・用量

次の1回量を1日3回、水又はぬるま湯で服用してください。服用間隔は4時間以上おいてください。

年齢 成人(15才以上) 8~14才 5~7才 5才未満

1回量 4錠 2錠 1錠 服用しないこと

[ 用法・用量に関連する注意 ]

  • (1) 用法・用量を厳守してください。
  • (2) 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分 12錠(成人1日量)中

成分 分量 はたらき

ジヒドロコデインリン酸塩 30mg 延髄にあるせきの中枢に作用し、せきの発生をおさえます。

dl-メチルエフェドリン塩酸塩 50mg 気管支筋の緊張を和らげ、せきをしずめ、たんの排出を促します。

クロルフェニラミンマレイン酸塩 8mg アレルギー性のせきをしずめます。

無水カフェイン 90mg 他の成分の働きをたすけます。

添加物:カルメロースCa、無水ケイ酸、セルロース、乳糖、白糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、炭酸Ca、カルナウバロウ、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、プルラン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

 

なぜ、デパスの前にブロンの画像を貼るのか

 

こんばんは、皆さんの大天使こと悪魔です。

エスエス製薬が製造・販売をしている市販の鎮咳去痰薬(いわゆる咳止め薬)「ブロン」は、今メンヘラ界隈()では大多数の人が知っており、使い方を間違えられまくっている弱覚醒剤といえます。ブロンそのものが悪いわけではありません。ブロンを間違って使う人間が悪いのです。

 

さて、本題の「なぜデパスを飲むようになったか」を綴る前になぜこのような、他の薬の名前を出したのか。

 

僕は今、全てのニンゲンに警鐘という名の誘惑をしているのです。

 

f:id:yuatari:20161030052239j:plain

 

 

ここでブロン(の悪い使い方)を語れば、おそらく無知な弱者は手を出し、おそらく依存します。そして、おそらく他の薬へ手を出すきっかけになるでしょう。そして、向かう先は、「死」です。それはかの有名な「○○○○神」こと「△△△△△」氏がきっかけで起きているウェルテル効果です。(厳密には彼女発端ではないかもしれませんが、明らかに彼女がその勢いを加速させているのが個人的な主張です)

 

前記事で他者とは異なる自分を、現実逃避した結果、異端≒唯一無二を求めた。と述べた点がぼやけていましたがはっきり視えそうになります。

 

この傾向は今の世の中に限らず、恒常的にあるのです。

酒や煙草とおなじで、格好つけから入るのが、ニンゲンです。そこで、常態化が進み、いわゆる日常的に服用・使用・利用するようになるのが、問題なのです。つまりは限度があるってばよって話。(酒・煙草については今後も綴ります)

 

 

なぜ、ブロンを悪用したのか

 

文章にすると色々と問題が発生するので箇条書きにします。

 

  1. 一年前、数時間のネットサーフィンだけが自由な時間といえるほど多忙だった
  2. 多忙にもかかわらず、付き合っていた恋人との関係はゲスの極み乙女♂×♂(僕は川谷の奥さんポジション)
  3. 毎夜見る悪夢(SAWが微温いレベル)
  4. 仕事の合間や家などあらゆるタイミングで吐いていた(癖がついた)
  5. 当時の職場の性質と自己の環境と元々持っている性格のトリプルトラブルで人間不信 

 以上5点から、ブロンを悪用しました。というより常にブロンブロン。

 

記憶力の低下、性欲の低下、体力の低下。元がどれだけ健康的かがわかります)

 

まさにジェットコースターのおいしい時を味わっていたわけですね。本人は望んでしたわけでもないのに、自発的に大殺界へと突き進んだわけです。

 

余談ですが、僕の世代は2015年が前厄、2016年が本厄、2017年が後厄です。

 

 

 

本題・その流れでなぜデパスを飲むようになったか

 

前記事でも似たようなことを記載しました。

 

そう、今から12年前と同じです。

f:id:yuatari:20161030040450j:plain

 

 

自分で自分を殺そうとしたわけですね。今度は薬の力を借りて。

 

 

デパスで人は死ぬでしょうか?いいえ、違います。ケフィアもといデパスが人を殺すのではありません。デパスを使う人次第で人が死ぬのです。そして、そのとき使われる薬はデパスだけではない。デパスを三桁ほども飲んでも死ねないことはもう周知の事実です。胃を荒らすだけです。

 

具体的な使用方法や状況は書きませんし、そのつもりももう無いので、質問されても答えませんが、ここではなぜ飲んだかを綴ります。

 

 

結論から言います。少し気が紛れるのです。過集中という言葉があるように、

EDEN It's an Endless World!で登場する「フレームシステム」と呼ばれる

f:id:yuatari:20161030041952j:plain

 

「取捨選択」能力が弱っている僕には必要なわけですね。無いと例えるなら、下をずっと見て居もしないアリを見ながら蟻という文字のことを考え、「あり」という字を両手両足で書き、ずっと「ありアリARI」と呟いているのが今のデパス抗うつ剤を飲んでいない状態です。そして、その状態は異常なので、「デパスを飲むことを忘れる」んです。

 

ここで賢い「あなた」は、『忘れているなら正常じゃないの?普通に生活できているなら飲まなくてもいいんじゃないか』と疑問に思うでしょう。

 

 

デパスを飲むことを忘れるということは

すでに食事を忘れているんです。

 

 

この意味、わかりますか?

f:id:yuatari:20161030052705j:plain

 

 

 

ごく最近の話ですが、とある休日、眠ることを忘れ摂食を忘れ排尿排便を忘れひたすらアニメを見ていました。そのアニメの内容をしっかりとは覚えていません。(劇場版パトレイバーを視聴していました)

 

また、この記事を書いている現在は朝6時です。

 

 

デパスを飲まない未来

 

勿論、薬を服用しなくていいと診断されるような状態が好ましいです。というより、それが願望です。それなくして生きれないということはデメリットばかりです。コストはかかる、持ち歩く薬の量がおかしい、常態化すればやはり臓器へのダメージもあります。酒とちゃんぽんするの正直怖いです。肝臓的な意味で。

 

また単純にメンヘラアピールをする痛い奴と判断されます。というよりされています。変態のほうがまだマシです。

 

ということで、マシな世界を垣間見させたい欲が出てきました。

 

f:id:yuatari:20161029005433j:plain

 

「縦の糸はワタシ横の糸もワタシ」

「乱れる性生活の日々パート1」

「元彼が浮気した人リスト暴露」

「いつか必ず×すリスト暴露」

「実は○○でした話」

「オ・カルト小話」

「記事の中の人間とニンゲンの違いについて」

「過去24年間で1番○○だった出来事」

「リアル死霊館体験話パート1」

のどれかを綴ります。