読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デパス時々メンソール

死ぬまでただ生きている

なるがままに

寒い日が続いております。皆様如何お過ごしでしょうか。

 

実はここ最近、病院に行く気力がない日も多く、薬を飲まなくなりつつありました。飲む習慣を忘れているので、その延長でずるずると飲まない生活になっていたわけです。

 

ですが、この間からまた飲み始めました。

 

僕が飲んでいるのは主に3種類なのですが、抗鬱剤抗不安薬睡眠薬・胃腸薬の3種です。

抗鬱剤というのは即効性のあるものではなく、ゆるやかに長く効くタイプなので、すぐには自覚しづらいと聞いています。対して、抗不安薬は即効性の頓服と血中濃度期間が長い・短いタイプの2種類を処方されており、同時に飲むと非常に睡魔が襲ってきます。睡眠薬は入眠しづらい時のために使うもので、短期集中型と呼ばれるものです。胃腸薬は、それらとは別で弱っている胃腸をマシにしてくれるものです。

 

飲まなくなった理由は前述の通り、「飲み忘れ」の延長なのですが…

 

やはり精神的に弱っていくようなので、薬の存在を思い出したわけです。

 

症状としては、夜中寝ようとしても寝付けず朝を迎え疲れたままで出勤前に強烈な眠気に襲われる。寝られても毎回悪夢。それも精神的に負担のかかるようなものばかり。

 

これはまずい、と勤務中にフラッシュバックも起こし最悪のケースも予想できたので

 

 

飲みました。

 

f:id:yuatari:20170122234245j:plain

 

 

薬物依存

 

これは特別、抗鬱剤などを処方されている方すべてがそうですよという意味合いではないのですが、僕の場合は終わりがないんじゃないかと思ってしまうわけです。

 

でも、たとえば電話をくれる友達がいたりその人との会話はなんてことない会話だったりで、人との関わりを嫌いながらも望んでいる自分にとって、薬にまさる安定剤だったわけで、薬を飲まなくても大丈夫な期間になったんじゃないかと錯覚したわけです。

 

病院の先生からすれば、しっかり飲んでほしいと幾度となく言ってくれるのですが、一度飲み忘れると薬の存在を忘れてしまうので、それがどうしようもないのです。アラームをつけたり工夫はするのですが、結局のところ飲めずじまい、まとめて飲むのではただ寝てしまうだけという。薬があってないのかとさえ疑う始末になるのです。自分がちゃんと定期的に飲まないだけなのに。

 

一時的なトリップのためにODをしたりはしませんし、そのために市販薬に逃げることもないです。

 

しかし、然るべきところで処方された薬を飲み忘れるのはどう解決したらいいのか…

 

 

結局のところ、どうしようもなくなったときに薬の存在を思い出すわけですね。

 

 

飲むまでは地獄でした。

おそらく離脱症状じゃないかと友人にも言われました。

 

 

薬を飲まない生活

 

自分の脳なんかが、薬に左右されるなんてまっぴらだと思う僕ですが、今回ばかりは薬に助けられています。悪夢にその日その日が左右されるなんてもう限界です。昔のトラウマや、恐怖、不安を呼び起こす夢とただただ毎日見るなんてどんな拷問でしょうか。いっそ眠りたくないとも思うようにもなりました。

 

このような状態が、好ましくないから薬で緩和させる、完治に向けるというのは当たり前な話なのですが、いつになったらそのような状態になれるのかということもだんだんと考えてしまう。

 

f:id:yuatari:20170123000016j:plain

 

let it be

 

しかし、自分の人生とは文字通り「自分の」人生なわけで、他人に押し付けられるのはまっぴらなんです。これは誰もがそうではないでしょうか。したくないことをしなくてもいい、したいことはどんどんすればいい。もちろん他人に迷惑をかけず。

 

旅に出ようと思うのもそこなんですが、自分の世界って案外狭いんですよね。

 

千差万別とは都合のいい言葉です。色んなパーテーションが邪魔をするのではなく、見えるパーテーションにすれば、いいのではないでしょうか。フィルターをかけるのは自分です。危機察知能力は養うべきだと僕も思いますけどね。

 

 

 

 

f:id:yuatari:20161029005433j:plain

 

 

 

悪夢記録シリーズ

RADIO CRAZY参戦レポ