THERMAL CRISIS

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

映画:星を追う子ども

f:id:yuatari:20170927012330j:plain

あらすじ

父親の形見の鉱石ラジオから流れる不思議な音楽に耳を傾けながら、思いをはせるアスナ。孤独な毎日を送るアスナは、ある少年と再会するための旅に出ることにする。それはアスナにとって、世界の冷酷さと美しさ、そして別れを知るための冒険の旅となる。

参照元:星を追う子ども - 作品 - Yahoo!映画

 

今回の主人公

f:id:yuatari:20170927012919j:plain

サツキ

アスナである。

 

ジブリ作品との相似点

新海作品で、とりわけ今作はジブリっぽいと言われているので、そのジブリっぽいところを列挙してみようと思う。

  • アニメーションのタッチ
  • キツネリスのような猫が登場=ナウシカ?
  • 飛行石のような石が登場=ラピュタ?
  • 異世界に迷い込む=ジブリほぼ全て
  • 遺跡の模様=ラピュタ?
  • 人型ケツァルカトルがラピュタのロボットっぽい
  • 鹿型ケツァルカトルがもののけ姫のシシ神っぽい
  • アスナとシュンorシン=シータとパズー
  • 長髪の兄弟、シュンとシン=黒髪ハウル?
  • 森崎先生=ムスカ大佐
  • 森崎先生の終盤=ムスカ大佐の目の負傷
  • 闇に棲まうイゾクの存在=もののけ姫の猩々たち「ニンゲン食ウ」

以上のほか、アニメーションにおいてもジブリ作品の◯◯っぽいはいくつも登場しており、ジブリファンにとっては間違い探しができる作品があるものと個人的に述べておきます。

 

それを差し置いても

日本神話のイザナミ・イザナギの黄泉の国の話を登場させ、伏線を張っているのは面白いし、新海監督ならではの色彩や、新海作品の立ち位置を確立させている「背景」は今作でも素晴らしく美しいものです。ストーリーなどに既存のものを想起させるものがあることだけが残念というだけで、それ以外は評価されるもの(であってほしい)。

 

星を追う子どもはどこで観れる?