THERMAL CRISIS

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

宗教団体の支部にいって頭痛になった話、ほか

f:id:yuatari:20171005005511p:plain

こんばんは、ゆあたりです。

 

以前にも宗教団体の話をしましたが、今回はどうしても「解せない」と思ったエピソードがあったのでそれを殴り書きます。

 

 

ことの始まり

幼少期、大阪にある支部に親に連れて行かれたときのこと。

僕は昔から車酔いはわりとしやすい体質で、長い時間でなくても乗っているだけで頭痛を引き起こすようなたちでした。その日も当然車で行ったので、案の定頭痛になってしまい、読経中気分が悪くなってしまい、皆が昼食の準備をしておにぎりなどを用意していましたが、そこで休ませてもらうことに。

 

すると、どういう経緯でそうなったのかわかりませんが、母に頭が痛いと告げると支部長2人が登場し、何故か「何か憑いてるから、落とします」 と言い出し読経し始めました。

 

僕の背中に手を当て、時折優しくぽんぽんと叩きながら読経をします。

 

僕からすればですよ。こめかみから生え際が痛いのに、リズムを取った読経をされた上に響くように背中をぽんぽん叩かれるのに、これで頭痛がなおると思ってることが怖いんですよ。それ以前に何が憑いていたのかの説明も現在もされておらず、ただの車酔いだったのか本当に「何か」憑いていたのかはさておき、不快でした。主に頭が。

 

車酔いで頭痛になっている小学校低学年の子供に対して何か憑いてると脅し、ひたすら読経をすることで頭痛が治るケースってどのくらいあるんでしょうか!?僕にはわかりません。時間が経つことで治まったことはノーカウントです。

 

それ以後でしょうか、反抗期には「鬼がついてる」だの、まるで東洋版のホラー映画の主演にでもなったかのようにオンパレードです。無視してましたが。

 

その後、なんでも法名をつけまくる

他の宗派や団体は知りませんが、病気から何から何でも法名をつけます。

 

僕が爆笑したのは、受験時受かるように法名をつけたことですね。法名付けて受験合格したらすごいです。いいところではないにしろ、僕の勉強の効果は期待していないと。なんて嫌味な、と半笑いで怒りました。

あと花粉症。花粉症の法名って何なのってなりますよ。花粉への呪いか!?残念ながら収まったことはないですね。

 

究極地点でいうと吹き出物の法名です。もうついていけません。顔洗え(笑)

 

母が大病を患ったとき、病の法名を仏壇に横に置いてました。でも、それで治っただとか、それのお陰で◯◯っていうのはずるいと思うんです。母は長期間闘病したし、それは医学によってできたアシストのお陰が大きいし、何より手術を執刀した先生がいなければ、まずその手術自体がなかった。でも母自身のメンタルの支えは、たしかに法名や信仰のお陰だったのかもしれない。そういう意味で、補助輪なんだと再確認できたわけです。

 

辞める発言

面と向かって母に脱会、団体の宗教活動は一切関与しない旨を伝え、喧嘩になりました。

「ご先祖様が悲しむよ!」と。

読経=ご飯なので、つまり先祖へのDVやネグレクトに相当するんだと。そう言い放ったわけです。盆には墓参りも行ったり、法事には参加するんですが、毎日読経をさせるためにここまで言われなければならないのでしょうか。

 

基本的な仏教の考えとしては、生前に徳を積んで輪廻からの解脱が目標…ですよね。先祖を人質に宗教活動を強制させるのも、「強欲」だとか本来の目的にそぐわないんじゃないでしょうか。そもそも法律で信教の自由をお忘れなんですね。

 

信心深いのは時として周りに距離を置かれるのはよくある話ですが、身内にいると非常に厄介です。今も勝手に法名つけられてるかもしれませんね。

 

 

ちなみに最終的な僕のステータスは鬼が憑いていて、花粉症の法名を付けられたままです。

 

某宗教の理念と行動

よく、神社やお寺なんかで願掛けするじゃないですか。それが死後に鎖となって重みになってしまうらしく、その「願」を解くために入会(お導きと呼ぶ)してもらい、仏壇に曼荼羅(イラストのものではなく、法華曼荼羅と呼ばれる文字が書いてある巻物)を置き、台所に三宝荒神を置き、曼荼羅に向かって読経をすることで「願ほどき」と呼ぶ。徳を積むのではなく、死後の重みを軽くするための生前の修行なんだとか。某学会みたいに新聞を発行したり、政党を立てたり、神社の鳥居をくぐれないとかいう制約はありません。読経のための本は「朝夕のお勤め」と呼ばれており、その他に修行のためのさらに分厚い「三部経」というものを読経します。

基本的には先祖供養・水子供養をメインに活動し、願ほどきのための勧誘(お導き)をすることでどんどん信者が増えるシステム。その他この団体はユニセフ等同様の基金を立ち上げ、そこに自身らの宗教理念を入れ込み、貧困層への勧誘もばっちりしているというありきたりな宗教ビジネス集団です。ここまで詳細に書いていればどこの団体かはわかるかと思います。