THERMAL CRISIS

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

赤ら顔とテカリを化粧でなんとかしたい

f:id:yuatari:20171206192427p:plain

 

こんばんはゆあたり(@juaetaeri)です。

 

今回は以前紹介したメイクの工程が変わったので、記録がてら更新します。同じような悩みを持つ人の一つの参考になれば幸いです。

 

 

男性でメイクをする

ここ数年、ヴィジュアル系(お化粧系)バンドや、大衆演劇や歌舞伎、他TVタレントなどにおける商業的メイク・ファッションや、オネェや趣味女装の枠をこえ「ジェンダーレス」と呼ばれるファッションがメディアやSNSを元に認知されています。

 

ジェンダーレスとは文字通り「性」の枠組みを超えた、自己表現の一種で、例えば男性でレディース服を着こなしたり、メイクをしたりするというもの。(らしい)

 

だが当人らにとってそのほとんどは服装においてのみ性の枠組みを超え、基本的な性別は男女に分けられ、当然性的対象は「異性」と言っている人が多い。

 

というのも、LGBTなどセクシャルマイノリティらにとって、女装や男装、またどちらとも分けられていない服装やメイクをすることは「日常的な行動」なのであって、ファッション(自己表現の一種)ではないのだ。ストレートが、そういったことを非日常的だと捉えているからそういう造語(ジェンダーレス系)という言葉が生まれている。

 

誤解しないでもらいたいが、ゲイが全て化粧するわけではない。

ジェンダーレス系と呼ばれている彼らもまた全てが化粧するわけでもない。

 

それでいてなぜ化粧をしているかの理由を、自分ならではの理由を踏まえ書きなぐりたい。

 

僕の化粧とは、コンプレックス隠しである。

 

ゆあたりさんのコンプレックス

ほぼ全てがコンプレックスといっても過言ではないが、顔でいえば、造形や色。そしてテカリ。こういうものは、努力でどうにかなるものとならないものがある。とりわけ、造形に関しては整形が深く関わってくるし、当然メイクも必要になってくるところがある。

 

色に関してはもう生まれ持った皮膚の色や血流も関係あるし、当然食生活も関係ある。

 

テカリに関しては、食生活もそうだが保湿をいくら十分にしても、てかるものはてかる。化粧がどろどろになってしまってはコンプレックスを隠すことになっていない。

 

普通の肌にしたい

たとえば肌荒れしやすいなら、やはり食生活の見直しと皮膚科への受診が尤もな正攻法。でも、病気などではないのだからといってやはり化粧に頼る部分はある。そこで、資生堂の某店のBAさんに隠すことなく相談し、自己判断でドラッグストアなどで販売されているもので片付けるのではなく、しっかりとした色味をみてもらうのと同時に予防のアドバイスを仰いだ。

 

肌荒れしやすい敏感肌ということで、dプログラムという資生堂の化粧品ラインを使っていたが、やはり満足にはなっていなかった。

 

dプログラムは色味もそうだが、本当に荒れにくくしてくれた。だがどうしてもテカってしまっては…と試行錯誤してみた。

 

化粧品変更

で、結果的に口コミでもいいとされているマキアージュの下地に変更したところ、テカリ率が半分以下になった。化粧直し(顔面の塗装剥げ直し)の回数も極端に減った。

 

しかしテカリ防止の下地とあって、長時間化粧をした後はかなり乾燥する。なんだろう、適当な言葉でいえば「砂漠」。マット肌なんて言い方ではない。ガサガサ肌である。

でもテカリ防止には変えられないなぁと使う。化粧している時間が長いのは仕方がないし、その分スキンケアに力を入れまくれば…と安直にも思ってしまっている。 

今使っている化粧品

スキンケア後からの化粧の工程。

  1. マキアージュ フラットチェンジベースを小鼻・Tゾーンに刷り込ませぬりぬり
  2. マキアージュ ドラマティックセンサーベース UVを全顔面に薄塗り
  3. マキアージュ ドラマティックリキッド UV オークル20をブラシでぬりぬり
  4. ロージーローザのスポンジで余分なファンデーションぽんぽん吸収
  5. 資生堂のベビーパウダーささっと
  6. クリニーク ステイマットシアープレストパウダーをブラシでふわっと
  7. キャンメイク シェーディングパウダーでノーズシャドウとフェイスライン
  8. パウダーで眉毛をかきかき

あわせて読みたい  

赤ら顔におすすめ 

緑ベースがいいと言われていますが、首の色と極端に違う場合は白浮きするので、イエローベースの下地を使うのはいいです。色味が違えば自分の首やフェイスラインに合った色味のCCクリームを使ったり無印のコントロールカラーを数滴混ぜるだけでも変わります。よく手の甲で色味を見たりしますが、首筋からフェイスラインにかけての色を見たほうが確実に自然に見えます。スキンケアにビタミンC誘導体が入っているもの、たとえばメラノCCといった美容液を使うのもいいです。

テカリ顔におすすめ

基本的に保湿しっかりしてない人は保湿が大事です。収れん化粧水などが毛穴の開きや皮脂・テカリ予防にいいです。敏感肌の方はやはりAveneなどの敏感肌用を使うのはいいです。Aveneはスプレー型なのでかなり楽です。

下地にマキアージュやセザンヌのテカリ防止のもの、そのラインのリキッドファンーでションをするのはテカリにくいです(ファンデーションは違うのを使うのもあり)。両方試しましたが、元の皮膚が敏感ではない方はセザンヌでOKです。マキアージュのほうが自分は好きですが、一度試供品などで試すのもありです。ルースパウダーは、美容成分が入っているスノービューティでもいいけれども、白浮きしすぎないように色味がファンデーションと同じのものを使ったほうが個人的には◎。