THERMAL CRISIS

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

ゲイから見た恋人ができなくなる地味メソッド

f:id:yuatari:20180118020143p:plain

 

こんばんは、ユアタリ (@juaetaeri) | Twitterです。

 

今回は、容姿はちょっと横に置いてもらうことを前提に話を進めます。イケてようが整ってなかろうがそんなことは今は横に置いてください。

 

セックスから始まる恋愛はセックスを重要視されにくい

というのも、これは他の人も仰っている事なのでデジャブ感があることだと思います。ごく一般的には付き合ってからセックスするもんじゃないですか。お仕事で穴や竿を貸す場合を除いてですね。

で、安易に体を武器にセックスに及んだ場合なんですが、ソースはないんですが大半はセックスが重要視されなくなるんじゃないですか?

 

だって、「あなたなら自分のすべてをさらけ出せる」を初手で繰り出してるわけで、それってかなり安価な行為なわけですよ。遊びならともかく、知り合ってまもないのにすべてをさらけ出しちゃったらもう引き出しなんかないじゃないですか。

 

もっと掘り下げるなら、セックスまでに持っていく過程を省略している=この人にはデートやセックスまでの面倒なファクターが不必要、と認識されるように自ら突っ込んでいるわけですね。

 

セックスだけの相手だけで満足される方をよく見受けられるのは、ある意味「自然淘汰」に似ているのかも。

 

「自分、お金あります」アピ

お金持ちの中の一部ですが、モテる方はわざわざ金額を吹聴しませんよね。たとえばファッション自慢やコスメ自慢、ハイブランドや高級ホテル、海外旅行やランクの高いお肉や食材などを使った料理を食べた報告など、普段からそういう生活をしている人間は「普通」なのであって、他人に自慢げに言いませんよね。話の流れで「これが良かった・悪かった」という本質的な意味合いで話すことはあったとしても、ないでしょう。某整形男子さんはネタかマジかは分かりませんが、火病の如く承認欲求のあまり吹聴してましたが。実に庶民的感覚。

 

モテる=お金持ちというのは絶対ではないのは当たり前なんだけど、世の中なかなかどうしてか反対のお金持ち≒モテるという図は少なくないんです。そんなお金持ち≒モテるの図に当てはまる人に関して言えば自分からか他人からかはさておき、自身がお金を持っていることを周りにアピールしてるんです。でなければ周りは知る由もないわけですから。

 

持っている高価なものをいくつも見せる、何かを奢る(それも理由や回数が不自然に)、ご飯は自炊せず外食が多い。と言った具合にリッチな金銭が発生していることを如実に物語る要因を視覚的にアピールすることで「あ、この人お金持ってるんだ」と思われるのは至極当然なわけです。

 

ここで一番の災いのもとは「何かを奢る」です。恩を売るという営業テクニックとされていたりしますが、営業する必要があるのかないのかを考えることもなく、ただ漠然と「好きになって欲しい」という下心から奢るのでは、最初こそいいものの、結果的には金づるになりますね。(バブル時代のミツグ君に似て非なる)

 

また可哀想な人は「お金を出している自分」に酔いはじめ、金銭感覚が麻痺し、不要な出費がかさんでしまう。お金持ちだった人が、お金に恋されていた場合、お金持ちじゃなくなった途端愛想つかされるのは宇宙の法則なのかも。(だって買収だし)

 

また、別のパターンでいえば本当に物凄いお金持ちだったとしても。

「不要な出費は抑えよう」という心構えが裏目に出てしまい、「ケチ」な印象を持たれてしまうという。なんとも不憫。「お金持ちなのに」というワードが全ての文章の頭にくっついてしまうのです。それが場合によってはいいこともあるのですが…(笑)

 

簡単に自分の経済状況を言うのは災いのもとということです。

 

ザ・不潔

容姿に入るかどうかのジャッジは各々におまかせします。

たとえばなんですが、見た目に関わることに近い衛生面。お風呂に入らない、洗濯しない、歯磨きしない、顔を洗わない、手を洗わない、爪を切らない等。生きていれば必要とされる自己の衛生的メンテナンス。僕は付き合ってましたよ。そういうタイプ。でもどうしてですかね、好きになってから発覚したものというのは意外にも引きませんでした。という具合に、(上の事柄も含め)結果オーライなパターンは良しとして、それ以外は不潔が好きという以外は引かれますね。不潔が好きな人って、どの程度までの不潔なら受け入られるか人によって違うのでややこしいので話すと困ります。

 

不潔はちょっと…ってなって実はお金持ちでしたとわかっても不潔だったら付き合いますか?ちょっと試してみてください。

 

潔癖もたいがいですが、不潔は大半が嫌がりますね。自分の不潔さは許せても他人の不潔さが許せない大人にはなりたくありません。

 

自分の不潔さは許せなくて他人の不潔さを許せる大人が人付き合い上手だと勝手に思ってます。

 

偽善的プラトニック

「セックスから始まる恋愛はセックスを重要視されにくい」を意識するあまり、世間ルール?を意識しすぎて「会ってすぐにセックスをしてはいけない」「付き合ってすぐにセックスをしてはいけない」「セックスだけの関係になってはいけない」などの制約をつけること。これはまずい。念能力を意識してるレベルに臭い。

 

セックスって他人がどうこう決めることじゃないし、当人同士が納得しとけばいいのは大前提。でも頑なに「軽い関係になりたくない」あまりにプラトニックを過剰意識して、やれロマンチストだの、そういったものはカビ臭いわけです。

 

 

 

結論

それぞれの人とのいい距離感を保つのが最良。

あと最初のイメージ大事なので、やっぱり容姿や所作って大事です。見た目から中身はわかりにくいけども、気を抜いた時に中身から見た目に出ることはありますよね〜(笑)

 

あわせて読みたい

 

yuatari.hatenablog.com