THERMAL CRISIS

わたしの棺桶に誰を入れるかを考える日々

バイナリーオプションの投資詐欺会社に潜入してしまった

f:id:yuatari:20180503221803j:plain

 

 

 

詐欺とは

さぎ
詐欺
他人をだまして金や品物を奪ったり、損害を与えたりすること。

どのようなやり口なのか?

簡単に要約すると…

 

1.集客
  • Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSやブログを使い、アジア圏の女性の写真を勝手に拝借しキャラの名前を付け、そのLINEに集客します
  • LINEやLINE@を使い、キャラが「私のやり方に従うこと」を約束させます

ここまでが【集客】と呼ばれる手順です。

今回、バイナリーオプションと呼ばれる「難しいことはわからないけど簡単な方法で出来る投資」の集客・誘導・ツール売買及びレンタルの部署に配属されました。

f:id:yuatari:20180307003736p:plain

 

僕は今回、この集客のSNSアカウント作成の時点で辞めました。

2.バイナリーオプションのサイトに登録させる
  • 【集客】で集めたユーザーに対してキャラが「私も利用しているバイナリーのサイト(口座)があるので一緒に始めませんか」と誘う。(誘導)
  • 興味がある人のみを巧みに「目標金額にいくまではまず私の言うことをきいてもらう」と洗脳する。
  • アフィリエイトリンクを踏ませてサイトに入会・口座開設させる。(この時点で利益が発生します)※これが利益の本筋の1つ
3.ツールの売買・レンタル

f:id:yuatari:20180307003953p:plain

  • シグナル配信という、「何時にいくらかけて、ハイ(上がる)かロー(下がる)」という指示を無料で個人チャットorグループチャットで指示を出します。
  • ただし、その指示は1分取引を選ばせておいて残り数十秒のところで出すので外れます。
  • さらに、その指示自体は何の確証もありません。(おまけに違法)※後述
  • 負けが続く原因として「私(キャラ)がシグナルを確認してから皆さんにチャットで教えるのにタイムラグがある。ツールをプログラマーにお願いすれば普通なら高額で買ってくれる人がいるから売りたくないそうだが、特別にレンタルしてくれる」という言葉でレンタルできることを説明する。
  • グループチャットに当然のようにサクラ(勝った報告をする)がいる。
  • ツールのレンタルの営業をキャラがし、レンタルさせるように誘導します。
  • なおレンタルしたツールの勝率は、謳っている80%なんて数字ではない。(偽物)
  • だが自分でする分にはマシという思い込みから継続レンタルをさせる。ソフトウェア販売だけなら違法ではないが、助言をしているので違法です。

 

といった流れです。

今までTinderなどでこういった人たちを使って遊んでいた身としては複雑な気分でしたが、知れる部分は知れたので数日はどういった中身かを知るべく続けました。

 

数日間で分かったこと

SNSマーケティングをしておきながら、基本的なことは知らない

たとえば、Twitterにおける凍結対策や、APIのこと。また、ブラウザで開発者ツールを使ったときの使用方法、LINEの規制。業者でありながら業者としては知らないことのほうが多い印象を受けました。 

意識は高いが非現実的な目標を真顔で言う

「話題のツイート(トレンド)をすべて自社にする」と言っていました。

アルファツイッタラーのネタツイートや大規模な時事ネタでもなければ無理でしょう。投資に興味を持つ割合を考えても、狙ってトレンド入りするのは数個が限界では?(炎上すれば可能)

明らかに違法行為を「詐欺ではない」と認識している

どのような点が違法行為かそうでないか、細かく言ってしまうとそこは法律に詳しい存在が必要になってしまうので、軽く綴ります。

 

まず、投資の助言をしており、且つ

売買シグナルを自動生成するソフトウェアの開発・販売を実施し、 かつそのソフトを稼働させるに当たり販売者の継続的かつ有償・無償のサポートが要るような場合

投資助言・代理業の資格なしで上記行為を行なうと

 

金融商品取引法第29条、第198条第1号違反(無許可、無登録営業)

 

に該当し、無登録営業を行ったとみなされ懲役3年以下若しくは罰金300万円以下が課される。

 

さらに、金融庁のこちらのページに表記されていないものはすべて違法です。

金融庁(金融商品取引業者の一覧)

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kinyushohin.pdf

 

当然のように当該会社・法人の名前は見当たりません。

そして集客・投資助言をしている人は架空の人物の名前なので、より悪質といえます。 

 

 

後で気づいたこと

会社の公式ホームページに使っている画像がPIXTAの有料素材にもかかわらず、PIXTAの素材を不正使用していたことが発覚しました。(おそすぎる発覚)

(※通報しました)

 

PIXTAの利用規約第1条4項

本サービスにおいて提供するカンプデータは、透かしの有無を問わず、レイアウトや構成の確認等コンテンツの使用に先立つ準備を目的にのみ使用できます。カンプデータに埋め込まれた透かしは、当社の承諾なく削除することはできません。また、カンプデータをコンテンツの使用に先立つ準備という目的を超えて使用した場合、利用規約違反及び著作権侵害となり、使用の差止め、違約金又は損害賠償請求等の対象となります

 

無料素材ならいざしれず、有料素材をそのままトリミングなりして公式サイトに使用する会社…。 

 

投資という資金があってこその会社でありながら、有料素材に払うお金をケチる会社…。

 

面白いですね。僕個人の考えとしては、法律にさえ反しなければそういったこともアリです。でもアウトとわかりやすくなってしまっているのであれば、刑事・民事で訴えられることも有り得ることでしょう。そのあたりを「上手く」していればまた違ったでしょうね。詰めが甘いというかなんというか。そういった会社に赴いた自分が恥ずかしいです。

 

なぜこのような会社に数日でも入ったのか?

まず業務内容に「プロモーション」とありました。

広告などがそういうもので、アフィリエイト系だと面接でも説明を受けたので、そうだと思っていたのですが、実情は全く異なった内容だったので非常に憤慨です。(実際にはアフィリエイトもしているので、一部は嘘ではない)

投資助言の資格等の説明は一切ありませんでした。

おまけに教唆・幇助などの罪にも問われそうな業務内容に憤りを感じており、「いや面接で言えや!時間無駄にしたわ!」という感じです。

 

【集客】のキャラに凸ってみた

 これ実際に表垢ではなく、別垢から凸してみたので、中の人は気づいていません。

悪用元の本人画像のプライバシー保護、及び二次被害予防の為、キャラ名・アイコン・ブログの一部画像にモザイク処理をしています。

 

f:id:yuatari:20180307194745j:plain

f:id:yuatari:20180307193502j:plain

f:id:yuatari:20180307194805j:plain

f:id:yuatari:20180307193549j:plain

f:id:yuatari:20180307193600j:plain

f:id:yuatari:20180307193622j:plain

f:id:yuatari:20180307193818j:plain

f:id:yuatari:20180307193831j:plain

f:id:yuatari:20180307193853j:plain

f:id:yuatari:20180307193944j:plain

f:id:yuatari:20180307194006j:plain

f:id:yuatari:20180307194023j:plain

f:id:yuatari:20180307194036j:plain

以上、やり取りのスクショ+ブログ・ルールのスクショです。

凸まとめ

  • 免許証の画像をブログにあげているからわかるでしょ→免許証以外は提示しないので本人確定ができない(もっとも元画像は別人)
  • 投資助言・代理業の届はしていない
  • 無届で投資助言をすることは違法であると認知している
  • 上記内容は他の人からも指摘されているが放置している
  • ツイッターの凍結アカウントが複数ヒットする理由はDMの送りすぎだと説明(本当は分かっていない&何アカウントあるんでしょうね)
  • バイナリーオプション取引サイトの口座開設後(利益が出てから)にグループチャットに招待する

組織的な動き

違法とは言え、2年も続く理由としては単純に騙される人がいるから。そして中の人を特定していないからの2点。事業拡大出来るほどの利益が出ている=相当数の被害が出ているということです。

 

為替取引にかぎらず、投資は常にリスクがあるものです。

簡単に人生がひっくり返す利益を上げられる手法なんてものは存在しませんし、あっても他人を誘うには必ず「理由」があります。言葉巧みに(といっても知れてるレベルですが)お金を搾取されないように気をつけてください。

 

また、そういった会社の求人は内容が面接でもわからないことが多いです。そして給料の未払いが当然のようにあり得るので、気をつけてください。

 

余談

誓約書の秘密保持の約束を破ったことにはならないのか?

答:違法行為に関してはこの限りではありませんし、「どの会社・法人か」を明言していないので、営業妨害にも当たらない。無関係な法人に苦情を物申されても本ブログにおいての免責事項にも記載の通り「一切の責任を負わない」ことを改めてご理解いただければ幸甚です。再読願います。

 

補足:「凸内容=ラインのやり取りのスクリーンショット」においては退職後に知り得た裏取りであり、業務上に知り得た秘密に該当しません。